*空行け飛礫*

不定期にだらだら綴るなにか

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンパターンですみませんな感じですが大正ロマン×伝奇ホラー×ヤンデレをコンセプトにした歌詞ができたのではっつけておきます。

ピアプロにも乗っけたけれど、若干設定魔になりすぎたのでブログにいろいろ補足しておくっす。

***

レイヨウ



帝都の隅のこの屋敷
今日もレイヨウの声がする
愁い嘆くのは遠い日の
面影を探しているからだ


思い残した魂は
空に還れずに堕ちていく
大地に縛られ囚人と
なりて虚ろい只啼くばかり

あの声を聞くたび蘇る
愛したひと時の想い出が
胸を引き裂く哀しい調べ
燃える夕日が落ちて
レイヨウヨウ

帝都の隅のこの庭で
今日も貴方様の声がする
空に孵らず歌を歌い
私思っては涙する

あの声を聞くたび蘇る
過ごしたひと時とのお別れが
胸を切り裂く清らな誓い
もう一度来世でと
レイヨウヨウ


立ち枯れた椿の根元
大きな穴を掘りまして
眼を隠した亡骸の
足麻紐で括りませ
それから幹に縛りつけ
そっと土をかぶせませ

さすればレイヨウとなりませう

帝都の隅のこの枝で
今日もレイヨウの声がする
私もいつかいついつか
同じ土の下に眠りましょ

貴方様の傍でいつまでも
歌い続ける番の鳥に

レイヨウレイヨウレイヨウヨウ



******



補足的に、上記の世界では
死んだら魂は空に帰るものだと信じられているんですが、
現世への未練が強いとレイヨウというあやかしになって寂しげな声でなくとかそんな設定。その声はあまりにも哀しすぎて聞く人の死期を早めてしまうとか。

しかし裏伝説として故人の意思とは別に亡骸にあれやこれややらかすと人為的にレイヨウが作れてしまったりする。

また来世で会いましょうと言って病気のためにこの世を去った恋人をレイヨウにしてまで傍にとどめておきたかった残された人の話。


貴方に蝕まれていくのなら、其れは幸せなことなのでしょう。
そうして貴方に近づけるのだから。

貴方の傍に逝けるのだから。


枯れ木に括って地面に埋めて、かつ空がわからないように目隠しまでして酷い話です。
(自分で設定しておいて!)
ちなみに人造レイヨウは人恋しくて泣くのではなく、空に還りたくて啼いているのだと思います。

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://umako1122.blog117.fc2.com/tb.php/34-061d249b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。