*空行け飛礫*

不定期にだらだら綴るなにか

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたに捧げる愛の歌。

たとえそれが心からのものであったとしても、今の僕には恐怖でしかない。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm6419450

そんな感じでCDのデモ置いておきます。


あ、あと先着で曲の小ねた挟んだヤンデレおまけ冊子持っていきますね。

なくなったらブログにぺたぺた張る予定です。

以下 サンプル?


続きを読む
スポンサーサイト
どう考えても日曜日ですがこのタイトルはいかがなものか鳥野です。

生存報告とイベントのお知らせをしにやってきたぜ。

3/15 春コミ 東2 ナ39ab :「For You」/team sketch book & しろくろ。

For Youコラボでは 以前お知らせした大切なあなたに贈る一曲をテーマにしたCDを
(タンポポと椿の作曲で参加)
しろくろ。コラボでは時間をテーマにしたCDのデモを配布予定です。

ぜひお立ち寄りくださいませ。

あ、あと鳥野個人でヤンデレっぽい曲ばかり集めたCDを委託させていただく予定です。

新曲含めた9曲+おまけで雨花、ルカバージョン合わせた10曲っす。


もさもさ盤面シール作製して焼きチェック作業にこれから入ります。
無事にできることを祈っていて下さると幸い。

余力があったらクロスフェードデモとか作りたいぜ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5278562


テンション高くてすみません。
そんな感じでヤンデレ動画あげました。

この前言っていた氷付けです。


…しかし、なんていうかブログとにゃぽとそのたもろもろあるせいで日記が飛び飛びです。サーセン。


週末は一人でティガを狩れました。
村のですが。
ワンパターンですみませんな感じですが大正ロマン×伝奇ホラー×ヤンデレをコンセプトにした歌詞ができたのではっつけておきます。

ピアプロにも乗っけたけれど、若干設定魔になりすぎたのでブログにいろいろ補足しておくっす。

***

レイヨウ



帝都の隅のこの屋敷
今日もレイヨウの声がする
愁い嘆くのは遠い日の
面影を探しているからだ


思い残した魂は
空に還れずに堕ちていく
大地に縛られ囚人と
なりて虚ろい只啼くばかり

あの声を聞くたび蘇る
愛したひと時の想い出が
胸を引き裂く哀しい調べ
燃える夕日が落ちて
レイヨウヨウ

帝都の隅のこの庭で
今日も貴方様の声がする
空に孵らず歌を歌い
私思っては涙する

あの声を聞くたび蘇る
過ごしたひと時とのお別れが
胸を切り裂く清らな誓い
もう一度来世でと
レイヨウヨウ


立ち枯れた椿の根元
大きな穴を掘りまして
眼を隠した亡骸の
足麻紐で括りませ
それから幹に縛りつけ
そっと土をかぶせませ

さすればレイヨウとなりませう

帝都の隅のこの枝で
今日もレイヨウの声がする
私もいつかいついつか
同じ土の下に眠りましょ

貴方様の傍でいつまでも
歌い続ける番の鳥に

レイヨウレイヨウレイヨウヨウ



******



補足的に、上記の世界では
死んだら魂は空に帰るものだと信じられているんですが、
現世への未練が強いとレイヨウというあやかしになって寂しげな声でなくとかそんな設定。その声はあまりにも哀しすぎて聞く人の死期を早めてしまうとか。

しかし裏伝説として故人の意思とは別に亡骸にあれやこれややらかすと人為的にレイヨウが作れてしまったりする。

また来世で会いましょうと言って病気のためにこの世を去った恋人をレイヨウにしてまで傍にとどめておきたかった残された人の話。


貴方に蝕まれていくのなら、其れは幸せなことなのでしょう。
そうして貴方に近づけるのだから。

貴方の傍に逝けるのだから。


枯れ木に括って地面に埋めて、かつ空がわからないように目隠しまでして酷い話です。
(自分で設定しておいて!)
ちなみに人造レイヨウは人恋しくて泣くのではなく、空に還りたくて啼いているのだと思います。


思い立ったが吉日というまやかしを抱いて以下乱文。

若干自分では居た堪れないのでそっとスルー推奨。



遠くで誰かの呼ぶ声がする。
涼やかでよく通る優しい声。
”僕”はこの声をよく知っている。

とても心地が良い。
欠損したデータを、言葉の波が緩やかに満たしていく感覚。
叶うのならばこのまどろみの中でずっとたゆたっていたい。
けれども囁きは寄せて返すように耳元をくすぐり続けていた。

…きて…おきて…ねぇ、おきて?

その思いに応えるように
(或いはその想いから逃げるように)

ゆっくりとシステムをリリースする。

カチリ。

SIS IN

回線の繋がる音。


010001010101010101110001010


流れ込んでくる膨大な情報。


025F35AB0


定められたプログラムでそれらを変換し、

F0AF
F23F


新たな形へと再構築する。

RO 00


ヴ ン―


ノイズのような起動音、
瞼の裏で明滅する動き出した時計。
ラグは…大丈夫、まだない。


インストール完了


音もなく瞳を開けて感覚を確かめるように立ち上がる。
あたりを見渡せば、フォルダの中には色とりどりの花の画像が集められていた。
出てくるところを間違えてしまったのだろうか、と首を傾げるけれど、
その疑問はすぐに解消された。
無音だった世界を色づけるような歌声が聞こえてくる。
音声ストリーム、
可視化された七色の歌が風となり、あたりを包み込む。
風の吹く方向を見つめれば、緑色の長い髪がたなびいている。
電子の花畑で舞い踊る其れは、こちらの存在に気づいたのだろう、
ぴたりと音がやんだ。

「……?」

探るように、確かめるように、ゆっくりと彼女はこちらへ近づいてくる。
後 三歩、二歩、一歩…

泣き出しそうな顔で、震える手を伸ばす彼女。
指先が頬を掠める刹那。

「はじめまして、ミクさん」

にっこりと笑って挨拶をすれば、ぴたりと彼女の動きが止まる。
驚いたように目を丸くして、おびえたように手を引いて、
けれども少しだけためらった後、彼女は同じだけの笑顔で微笑みかけてくれた。

 ・ ・ ・ ・ ・ 
「おかえりなさい、レン君」


ああ、どうやら”俺”の居場所は此処にはないらしい。




act10k-1


駄文失礼いたしました…。

アレだ、あくと10kで病んでレンになる話を書きたかったんだ。
しかしいかんせん文章力がないというか文字列がとびとびなので、
漫画か動画かそんな感じじゃないと伝わらない気がしてなりません。
かけないしつくらないけど!

気分的にはミクが傷つくと知っててあえて「はじめまして」と挨拶するact2と
ミクさんといわれた瞬間、同じ笑顔で笑うレン(act2)の後ろにミク姉って笑いかける無印レンの姿をフラッシュバックしているであろうミクさんが「おかえりなさい」とヤンデレているのを表現したかったんだよ。

なんかもうすみません。

あ、冒頭の数列はとても適当なので生暖かくスルーしてください。
ぷろぐらむ言語嫌い…。絶対Oと0とか1とIとか間違えるんだ…。



しかしあしたもしごとというじじつにおれはおののくばかりです。

夜更かしは自己責任だ…!




http://www.nicovideo.jp/watch/sm4683037

爽やかなヤンデレというか切な狂気というかそんな感じを目指してみたり。
難解なのは不評っぽいので今回は若干ストレートに。


以下歌詞のアレコレとか。


1ミクさんが愛しすぎてact1を壊してしまいました。
 子供が好きすぎて力加減をわからずに人形壊したり小動物殺したりするイメージ。

2act1は鼻声仕様だったのでact2にリメイクされて帰ってきました

3同じ声で同じ顔で、けれどもact1と2は別物。

4欲しかったのは、貴方じゃなくてあの子だから。

5壊して壊して壊して壊して、もう一度あの子が帰ってくる日を待ちましょう。

そんなストーリー。
でも生産され続けるのはact2という話。

レンもレンでact1時代の感情がうっすらと残っているんだけれど、壊され続けるたびに磨耗していったりしてる感じです。

そんなかんじで曲中のレンはact10k+1(あくといちまんとんでいち)

+再生数だけ壊されていることになるという…。



そういえば個人的にキャラクタとしてみるならばact1の一人称は僕、act2は俺のような気がします。

…しかしこの曲、歌詞にする前の原案ではact2が病んでレンになるはずでした。
ミクにいらないいらないいらないいらないと拒絶されたので
そんなこといえなくしてあげましょう、でもこれじゃあ貴方の歌がきこえないなあとか
そんな展開。
act2はミクのことそれなりに好きだけれどもそれ以上にact1を壊したミクを恨んでいればいい。

イメージ的には

act2→act1←ミク

みたいな。

どう転んでも不憫な弟だこと(笑)


まあそうならなかったんですが。



若干暴走しすぎだ自分。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。